2016年9月28日水曜日

OLMETEX CO.







なんと言ってもこの生地、

イタリアのオルメテックス社のメランジキャンバスは

独特の風合に加え、防水性も高い仕上がり、



フラップにはパイピング、容量のあるポケット、袖先の調節、

スナップボタンとWALDES社のZIPのW仕様は春夏からご好評のディティール。






そして、作り込みの良いフードはデタッチャブル仕様、

雰囲気がガラッと変わります。


¥73,000+TAX

Size/M,L

Col/Kahki

Polyester100%


そして、こちらもライニング機能を搭載。

ブランケット素材のライニングも入荷してきました。

最近は見かけなくなった、ドイツ軍のレインカモ、、、


暑さに水をさされましたが、そろそろ本番ですね、、、


斎藤
HAVERSACK

渋谷区代官山町
14−5
TEL:03-3477-0521



2016年9月22日木曜日

HAVERSACK FUKUOKA

福岡店の様子が届きましたので、

ご紹介致します。













少し奥まった所にありますので、ご来店の際はお気を付け下さい。

アナトミカ様の奥になります。

日本, 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2丁目4−12の地図


Open 11:00~Close20:00

福岡店のブログはコチラ。

斎藤
HAVERSACK

渋谷区代官山町
14−5
TEL:03-3477-0521







2016年9月21日水曜日

Indigo Strip Pants



《今シーズンからLady'sのブログも始まりました、》
是非ご覧下さい。


少し寒くなってきましたね。台風ばかりで大変な時期ですが
秋が近づいている証拠です。

もう少し頑張って乗り越えていきましょう。

では、最近好評頂いてますパンツを一本ご紹介します。


Price:¥23,000+TAX
Size:S,M,L
Qua:Cotton 100%



インディゴの色合いが目を惹くキレイめな一本。

どことなくワークな感じもしつつそれを強く打ち出していないアイテムへと仕上げました。

シルエットはテーパードしたペグトップで、股上は比較的深く、ぱりっとした
ノリの効いた生地が特徴です。洗いをかければかける程生地感の
風合いも増し、味のある経年変化を楽しんで頂けます。


クオリティー(生地)はインディゴストライプではありますが、細いピッチのストライプで
すのでワーク感の強いパンツながら、非常に品のある佇まい。


ブランドとしても珍しいジッパー仕様。
ジッパーは人気の高いタロンジップで、滑りよく開閉もしやすいです。


ウエストまわりに付いた美錠のバックベルト。サイズ調整の効く優れ物。



どんなシーン、コーディネートでも成り立つ汎用性を感じます。

皆様もそろそろニットと合わせたくなる時期になったのではないでしょうか。
私も昨日からニットを卸ました。

少しづつ秋が香り、装いが楽しい時期です。

またニットもどんどんご紹介していきます。







《今シーズンからLady'sのブログも始まりました、》
是非ご覧下さい。





嵐田


渋谷区代官山町
14−5
TEL:03-3477-0521


2016年9月19日月曜日

WeatherCross Coat




《今シーズンからLady'sのブログも始まりました、》
是非ご覧下さい。


万能アウターの紹介です。




(NAVY)


(KHAKI)


Price:\48,000+TAX
Size:M,L
Qua:Polyester 100%




ステンカラーコート。定番の馴染み深い形のアイテムではないでしょうか。



生地は高密度なウィザークロスを使ったコート。風雨を通さない機能的な素材であり
生地の目の細かさが際立ちます。



深い打ち合わせの首もとにはチンウォーマー付き。覆う様に
襟を立てて写真の様に首もとからより防寒性を高めてくれます。




前身頃のスナップボタンは比翼仕様。スナップボタンにする事で
脱衣もしやすくなります。



美しい横からのシルエット。

また袖にもカフのボタンが付き、こちらも防寒性を高めた作りとなります。




ツバ付きのフードは天候などを意識し、侵入を防いでくれます。
また、こちらのフードも取り外し可能なデタッチャブルとなり、身頃と同じく
スタップボタンですので脱衣がしやすくなっています。


フードを外して印象も変えられます。

本格的なステンカラー仕様のコートへ。

これで会社にも
着ていけるビジネススタイルと早変わり。



そして、先日のブログでもご紹介した別売りのライナーを
この紐に通して交互に合わせれば、、、





完全防備の冬場のコートに早変わり。
またアイテム自体に重量がないぶん、非常に軽快な着心地を
堪能できます。


裾を絞ればシルエットを変えてこんな丸みのある形へと変化もできます。




素材、フォルムなど、近代的に近づけながらも未だ変わることなく原型を留める男のコート
スタイル。けど現代社会に合わせると、やはり軽くて、暖かい
機能的なコートは重宝します。

では、是非着て見てください。


《今シーズンからLady'sのブログも始まりました、》
是非ご覧下さい。





嵐田


渋谷区代官山町
14−5
TEL:03-3477-0521